ゴルフトップ ゴルフ場案内 初めての方へ コース紹介 ゴルフスクール ルフコンペ 料金案内 インターネット予約

初めての方へ

初めての方へ

本コースデビュー前のあなたにピッタリ!
初心者から上級者まで楽しめる本格派ショートコース!
レンタルクラブ・シューズ完備しております。手ぶらで、お気軽に誰でもプレーしていただけます!

ゴルフ場ルール

ローカルルール

1.
アウトオブバウンズ(OB)は白杭、ウォーターハザードは赤杭、アンダーリペア(修理地)は青杭又は白線を似って標示する。
2.
各ホールの境界は、黄縞杭を似って標示する。これを越えた打球は越えたと思われる箇所よる2クラブレングス以内且つホールに近づかない地点にドロップし罰打「1」を加えプレーすること。
3.
球がネット、その他構築物に接し、プレイの妨げになる場合は、ホールに近づかないように、1クラブレングス以内にドロップすることができる。
4.
No.1・2・3・4・5・6・9ティより打った球がOBの場合は、前方の特設ティより第4打としてプレイしなくてはならない。
5.
No.4・7・8の池に球が入った場合は、特設ティより罰打「1」を加えプレイする。
6.
CLOSEDの標示のある予備グリーンは修理地とし、その修理地上のプレイを禁止する。
7.
グリーン上においては、パター意外の使用はできない。
このローカルルール意外の事項は、すべてJ.G.A競技規則による。
なお、追加訂正事項はクラブハウスに定時し、その日から有効とする。
ローカルルール

ご利用の流れ

STEP 1

ご予約

当ゴルフコースをご利用の際は、まずはお電話・インターネット予約をお願いします。

STEP2

来場

スタート予約時間の30分前のご到着をお願いします。

STEP3

受付

フロントカウンターにて、所定の台帳に氏名・住所・電話番号をご記入下さい。

STEP4

精算

現金またはクレジットカードでのご精算も可能です。
ご利用できるカード:JCBカード、アメリカン・エキスプレスカード、セディナカード、VISAカード、マスターカード、MUFGカード、SAISONカード、UCSカード、ダイナーズクラブカード、Mediaカード

STEP5

練習場

フロントカウンターにて、練習ボール40球300円で販売しております。

STEP6

スタート

キャディーバッグは、手引きカートへ積込みます。スタート時間の10分前になりましたら、スタートハウスへ移動お願いします。スタート係の説明を受け、いよいよスタートです。

STEP7

レストラン

18Hプレー(ランチ休憩)の方は通常40分間のお昼休憩がございます。(但し、混み具合により異なります)
昼食の価格帯は650円から1200円とバリエーション豊かです。

STEP8

プレー終了

忘れ物のないように、よくクラブ等ご確認下さい。

このページのトップへ

ゴルフ用語一覧 ~ これだけは知っておきたいゴルフ用語 ~

ローカルルール

J.G.A競技規則以外に、ゴルフ場独自で定めたルール。特設ティの設定や、修理地での対応などがあります。

インプレー

プレー中という意味。ルールでは「インプレーのボール」という形でよく出てきます。「インプレーのボール」とは、ティーショットしてからホールアウトするまでの球を指します。

ウォーターハザード

コース内の海・川・池・湖・溝・排水溝・水路などを指します。ウォーターハザードにボールが入ったら、最後に境界を越えた地点とピンを結んだ線上後方にドロップするか、元の位置に戻り、1打罰を付加して次の ショットをすることになっています。

OB

アウト・オブ・バウンズの略で、プレーの区域外のこと。白い杭で表示されています。ボールがコースの外にでたらプレーできない ので、1打罰を付加して最後にプレーした位置から打ち直します。ティーショットでOBを出すと次が3打目となり、もう一度ティーアップもできます。プレー の進行を早めるために、ホールによってはプレーイング4(前進4打)を採用している場合もあります。

バンカー

通常の芝や土を取り去り、くぼみに砂を入れてあるところ。 フェアウエーを横切るように作られたクロスバンカーやフェアウエー脇のサイドバンカー、グリーン回りに作られたガードバンカーなどがある。

サブグリーン

冬の寒さや夏の暑さに強いグリーンが必要で、ワングリーンではメンテナンスが大変なため、2グリーンを造って、片方をメイングリーン、もう片方をサブグ リーンと呼んでいます。本来サブグリーンに止まったボールは、そのまま打つ必要がありますが、トーナメント以外は、ローカルルールでドロップすることに なっています。

暫定球

バンカーでロストボールになる可能性がある場合や、OBの危険性がある場合は、暫定球を打つことができます。ロストボールだったりOBの場合は、そのまま暫定球でプレーします。

修理地

文字通り、修理中の場所。通常は白線で囲むか、青い杭を立てて表示されています。表示がなくても、グリーンキーパーが作った穴などは修理地とみなされま す。英語ではグラウンド・アンダーリペアと言い、「GUR」と表記されます。修理地に止まったボールをそのまま打つか、無罰で救済を受けるかを選択できま すが、コースによっては芝の保護のために、修理地からのプレーを禁止しているコースもあります。また、修理地や障害物などでボールをドロップする場所がない場合は、ドロッピングゾーンを設け、「DZ」と表記されています。

障害物

コース内にある人工の動かせないもので、カート道路・マンホール・目土箱などを指します。障害物にボールが止まったり、スタンスがかかる場合は無罰で、障害を避けてホールに近づかない、いちばん近い位置を決定し、1クラブレングス以内にドロップすることになっています。

ドロップ

池や修理地にボールが入った場合に、ルールに従いボールを拾い上げ、肩の高さにボールを持ってピンに正対してボールを落とす行為。ボールが止まった位置からプレーを再開します。

フォア

ボールを打った時、危険を知らせるために叫ぶ言葉。打球事故を防ぐため、危険だったら「フォア」と叫ぶことが義務づけられています。

お得なナイター実施中!!
このページのトップへ