レクサスでリセールバリューが悪いと言われている車種とは?

レクサス

レクサスは日本でも高級感と信頼性が高い車で知られ、多くの人々に支持されているブランドです。

しかし、一部のモデルではリセールバリューが低い傾向があり、やはり高価なものですので気になるところでしょう。

そこで、この記事ではレクサスの中で特にリセールバリューが悪いと言われている車種について解説します。

レクサス車でリセールバリューが悪いモデルとは?

IS

レクサスISは、スタイリッシュなデザインと快適な乗り心地で人気のあるセダンです。

しかし、リセールバリューの面では他のモデルに比べて低い評価を受けることが多いです。

ISのリセールバリューが低い理由には、いくつかの要因が考えられます。

まず、セダン市場全体の需要低下が影響しています。

SUVやクロスオーバーの人気が高まる中、セダンの需要が減少しており、これがリセールバリューに悪影響を及ぼしています。

また、ISは競合他社のモデルと比較して際立った特徴が少なく、中古市場での差別化が難しいことも要因の一つです。

さらに、ISは新車購入時の価格が比較的高いため、時間が経つとともにその価値が大幅に減少する傾向があります。

中古車市場では、価格に対して提供される価値が重要視されるため、これがリセールバリューに影響を与えます。

ISの購入を検討する際は、リセールバリューの低さを念頭に置き、長期的な所有を前提にするかリース契約を検討することが賢明です。

これにより、ISをより満足のいく形で所有することができます。

LS

レクサスLSはブランドのフラッグシップモデルであり、豪華さと先進技術を誇りますが、リセールバリューの面では他のモデルに劣ることがあります。

LSのリセールバリューが低い理由としてまず挙げられるのは、その高価格帯、そしでISと同じセダンであるからです。

新車購入時に非常に高額であるため、数年経過後の価値が大幅に減少しやすいのです。

また、LSは特定の層に向けた車種であり、その豪華な装備や大きなサイズが中古車市場での需要を限定することも一因です。

さらに、技術の進歩が速いため、数年後には新しいモデルがさらに高機能となり、旧モデルの価値が相対的に下がる傾向にあります。

特に、ハイブリッドモデルや先進安全機能を搭載した新型車が次々と登場する中で、旧モデルのLSは魅力を失いやすくなります。

RC

レクサスRCは、スポーティなクーペとして多くのドライビングエンスージアストに人気があります。

そして、リセールバリューの面ではやや厳しい評価を受けることが多いです。

RCのリセールバリューが低い理由にはいくつかの要因があります。

まず、クーペ市場自体が狭く、需要が限られていることが挙げられます。

多くの消費者が実用性を重視するため、クーペのようなスポーツカーは中古市場での需要が低くなりがちです。

また、RCは新車購入時に高額であるため、減価償却が進むと中古市場での価値が大幅に下がる傾向があります。

さらに、スポーツカーは一般的に保険料や維持費が高く、これも中古市場での購買意欲を下げる一因となります。

RCは高性能で魅力的なデザインを持つ一方で、中古市場での評価がやや低いため、購入を検討する際にはリセールバリューの低さを考慮に入れる必要があります。

長期間の所有や趣味としての利用を前提にすることで、RCの購入をより満足のいくものにすることができるでしょう。

但し、詳しくは後述しますがリセールバリューが比較的低くても、人気の色や特定のオプションを選ぶことで、その影響をある程度緩和することが可能です。

市場での需要が高い色や装備を持つ車両は、一般的に再販時の価格が高めに保たれやすい傾向にあります。

リセールバリューが良いモデル

レクサスの車種の中でも特にNX、LX、RXはリセールバリューが高いと評価されています。

これらの車種が高い再販価値を維持する理由はいくつかありますが、主に車の魅力や、耐久性、そして高い顧客満足度によるものです。

まず、前提としてレクサスの車は技術的な故障が少なく、長期間にわたって性能が維持されることが期待されているため、中古市場でも高く評価されるのです。

特にLXではその傾向が顕著に現れており、中でも中東の国では凄く人気が高くなっています。

加えて、これらのモデルは、高級SUV市場で特に人気があり、その需要がリセールバリューを支えています。

NXとRXは都市部や郊外での使用に適しており、快適性と実用性を兼ね備えています。

さらに、比較的燃費が良い、保守のしやすさ、そして予測可能なメンテナンスコストが、中古車市場においても高い評価につながっています。

これらの要因が組み合わさることで、NX、LX、RXは新車時の価格のかなりの部分を保持し続け、リセールバリューが良いとされるのです。

そもそもリセールバリューとは?

リセールバリューとは、購入した商品を売却した際に得られる価格のことを指します。

自動車の場合、リセールバリューは購入価格に対する再販時の価値の割合で表され、車の人気やブランドの信頼性、車種の需要などによって影響を受けます。

例えば、新車を購入して数年後に売却する際、その車がどれだけの価値を維持しているかがリセールバリューです。

レクサスの場合、豪華な内装や高性能なエンジンが特徴ですが、それがリセールバリューにどのように影響するかは一概には言えません。

購入者が注目すべきポイントは、その車種の市場での評判や需要、そして信頼性といった要素です。

レクサスが高価なブランドであることは事実ですが、そのリセールバリューが他の高級車と比べてどうなのかを理解することが重要です。

残価率の計算方法

残価率は、車のリセールバリューを理解するための重要な指標です。

残価率というのは、新車購入時の価格に対する再販時の価値の割合を数値で示します。

計算方法は簡単で、まず再販時の予想価格を新車購入時の価格で割り、その結果を100倍します。

例えば、新車を500万円で購入し、5年後に200万円で再販できる場合、残価率は200万円÷500万円×100=40%となります。

この計算は、車種や年式、走行距離、状態などの要素を考慮に入れて行います。

レクサスの車の場合、初期投資が高いため、残価率が重要な判断基準となります。

高い残価率を維持するためには、定期的なメンテナンスや低走行距離の維持、需要の高いモデルの選択が重要です。

リセールバリューの高い車種を選ぶことで、長期的なコストを抑えることができます。

リセールバリューが高い車の特徴について

人気色である

リセールバリューが高い車の特徴の一つに、人気色であることが挙げられます。

ホワイトやブラックといった色は、幅広い層に好まれるため、中古市場でも高い需要があります。

これらの色は、どんな車種でもスタイリッシュで洗練された印象を与えるため、購入者にとって魅力的です。

特に、ホワイトは清潔感があり、車のラインやデザインを際立たせる効果があるため人気があります。

一方、ブラックは高級感と力強さを演出するため、ビジネス用途でもプライベート用途でも幅広く支持されています。

さらに、これらの色は汚れや傷が目立ちにくいという実用的なメリットもあります。

このため、中古市場での再販時に高値で取引されることが多く、リセールバリューが高くなる傾向があります。

車を購入する際には、将来的なリセールバリューを考慮して車種に対しての人気色を選ぶことが賢明です。

一番手っ取り早く知りたい場合は、新車購入時にセールスコンサルタントに聞いてみるといいでしょう。

モデルチェンジした直後の車種

新型モデルが登場すると、その直後の車種は最新技術やデザインを備えており、中古市場での人気が高まります。

モデルチェンジしたばかりの車は、古いモデルと比べてデザインの良さ、性能や安全性が向上していることが多くこれが購買意欲を刺激します。

さらに、新型モデルはデザインや装備が最新であり、これが再販時の魅力となります。

また、モデルチェンジ後の車は市場に出回る数が少ないため、希少性が高まりリセールバリューが上昇しやすくなります。

このように、モデルチェンジした直後の車種は中古市場での需要が高く、高値で取引されることが期待されます。

車を購入する際には、モデルチェンジのタイミングを見計らい、最新モデルを選ぶことがおすすめです。

昔から人気がある車種

長期間にわたり高評価を維持している車種は、その信頼性と品質が市場で認められているため、中古市場でも高い需要があります。

例えば、トヨタの「カローラ」やホンダの「N-BOX」といったモデルは、長年にわたり多くのユーザーから支持されています。

これらの車種は、故障が少なく、メンテナンスコストが低いことで知られており、中古車購入者にとって安心感があります。

また、これらの車種は部品供給が安定しているため、修理やメンテナンスが容易であることもリセールバリューの高さに寄与しています。

さらに、人気車種は中古車市場でもすぐに買い手が見つかるため、再販時に高値が期待できるのです。

このように、昔から人気のある車種を選ぶことで、将来的なリセールバリューを高く保つことができる可能性があります。

現在トレンドの車種

2024年現在の市場では、SUVやミニバンが特に人気を集めており、その影響でリセールバリューも高くなる傾向があります。

SUVはその高い視点と広い室内空間、さらに悪路でも走行可能な性能が魅力で、多くのドライバーに支持されています。

一方、ミニバンは家族向けの実用性が高く、大人数の乗車や荷物の積載が容易であるため、ファミリー層に人気があります。

これらのトレンド車種は、中古市場でも需要が高く、再販時に高値が付きやすいです。

また、メーカーが新しいモデルを次々と発表し、最新の技術やデザインを取り入れていることも、トレンド車種の価値を維持する要因となります。

車を購入する際には、現在の市場トレンドを考慮し、人気のあるSUVやミニバンを選ぶことも検討するといいでしょう。

入手困難な車種

限定生産モデルや希少な車種は、供給が限られているため、その希少性が中古市場での価値を高めます。

例えば、特定の期間にしか製造されなかったスポーツカーや特別仕様の限定モデルは、多くの自動車愛好家やコレクターにとって魅力的です。

このような車種は、新車市場での購入が難しいため、中古市場での需要が高まり、結果としてリセールバリューが向上します。

また、入手困難な車種はその独自性や特別感が評価されるため、時間が経っても高い価格で取引されることが多いです。

さらに、これらの車種は高い技術や独自のデザインを備えていることが多く、これもリセールバリューを高くする要因となります。

5年以内であること

リセールバリューが高い車の特徴として、購入から5年以内であるというのがあります。

新車購入後、最初の5年間は車の価値が急速に減少する時期ですが、この期間を過ぎると減価償却のペースが緩やかになります。

そのため、5年以内の車はまだ新しい技術やデザインを備えており、機能や外観が現代の基準に近いため、中古市場での需要が高くなります。

さらに、5年以内の車は一般的に走行距離やメンテナンス状態が良好で、故障リスクが低いため購入者にとって魅力的です。

また、この期間内の車はまだメーカー保証が残っていることもあり、これも購買意欲を高める要因となります。

結果として、5年以内の車はリセールバリューが高く、再販時に高値で取引される可能性が高いのです。

走行距離が少ない車

走行距離が少ない車は、中古市場で非常に魅力的とされます。

これは、エンジンやトランスミッションなどの主要コンポーネントがあまり使われていないため、故障リスクが低く長期間にわたり高性能を維持できる可能性が高いからです。

加えて、走行距離が少ない車は全体的な状態が良好であることが多く、内装や外装の磨耗も少ないため、新車に近い品質を求める購入者にとって大きな魅力となります。

さらに、車のメンテナンス履歴がしっかりしている場合、走行距離が少ない車は信頼性が高いと見なされ、再販時に高い価格がつくことが期待されます。

レクサスの車を高く売りたい場合のポイント

購入時のみ選べる装備を知る

車の査定において影響が出ると言われている一つに、購入時にのみ選べる特別な装備があります。

これらのオプション装備は、車の個性を高めるだけでなく、実用性や快適性を向上させるため、中古市場で高い需要があります。

例えば、特別仕様のインテリア、サンルーフ、ハイエンドオーディオシステム(マークレビンソン)などは、多くの購入者にとって魅力的です。

さらに、これらの装備は後から追加できないため、新車購入時にのみ入手可能な点が希少価値を生み出します。

こうした装備が付いている車は、中古市場での競争力が高まり、再販時に高い価格で取引されることが多いです。

車を購入する際には、リセールバリューを考慮して、特別装備やオプションパッケージを選ぶことが賢明です。

これにより、将来的な価値を高く保ち、再販時にも有利な条件で取引することが可能となります。

オークションサイトを活用する

車を高く売りたい場合、オークションサイトを利用するのは効果的な方法です。

オークションサイトでは、多くの買い手が集まるため、競争が激しくなり、最終的に高値で売れる可能性が高まります。

まず、オークションに出品する前に、車の詳細な情報や写真を用意します。

車の状態や装備、走行距離などを正確に記載し、魅力的な写真を掲載することで、買い手の関心を引きやすくなります。

また、オークションのタイミングも重要です。例えば、季節によって需要が変動するため、需要が高まる時期を狙って出品することで、高値での売却が期待できます。

さらに、オークションサイトの評価やフィードバックも大切です。

良い評価が多いと、信頼性が高まり、買い手が安心して入札することができます。

オークションサイトを上手に活用することで、レクサスなどの高級車でもリセールバリューを最大限に引き出すことが可能です。

丁寧に車を扱う

車を高く売りたい場合、日頃から丁寧に車を扱うことが重要です。

車の外観や内装が良好な状態であることは、中古車市場での評価に大きく影響します。

まず、定期的な洗車やワックスがけを行い、車の塗装やボディの状態を維持します。

内装についても、シートやダッシュボードのクリーニングを怠らず、快適な状態を保ちましょう。

特に、喫煙やペットによる汚れや匂いは、評価を下げる要因となるため、注意が必要です。

また、メンテナンス履歴をしっかり記録し、オイル交換やタイヤのローテーションなど、必要な整備を欠かさず行います。

整備記録があることで、車の信頼性が高まり、買い手に安心感を与えることができます。

さらに、事故歴や大きな修理がないことも高く売るためのポイントです。

こうした細やかなケアとメンテナンスを続けることで、レクサスなどの車を高値で売却することが可能になります。

レクサスでリセールバリューが悪いと言われている車種まとめ

レクサスは高級車としての評価を得ている一方で、リセールバリューに関しては一部のモデルで課題があります。

特にLSやRC、ISなどのモデルはリセールバリューが低い傾向にあります。

これは、セダン市場全体の需要低下、車種の特性や購入時の高額な価格が影響しています。

しかし、レクサスのリセールバリューを高めるための対策もあります。

まず、走行距離が少ない車や、購入時に特別な装備が付いている車はリセールバリューが高くなります。

さらに、車を丁寧に扱い、定期的なメンテナンスを行うことも重要です。

また、オークションサイトを利用することで、多くの買い手が集まり、競争が生まれて高値で売却できる可能性があります。

これらの方法を駆使することで、レクサスの車でもリセールバリューを最大限に引き出すことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました