レクサスCPOは値引きが一切ない?安く買う方法はある?

レクサス

レクサスを新車で購入する場合、値引きゼロという話は有名です。

一切値引きがないので、メーカーが提示する車両本体価格のまま購入しなくてはいけません。

ですが、レクサスCPOに関してはまたちょっと違う印象をお持ちの方もいるでしょう。

新車とは違って中古車なので、値引きがあるのでは?と思われる方も多いです。

では、実際値引きはあるのでしょうか?

今回はレクサスCPOの値引きの現状、そしてレクサスの車を安く購入する方法についてご紹介します。

レクサスCPOは値引きをしてくれるのか?

レクサスCPO(認定中古車)の値引きですが、残念ながら基本的には値引きはほとんどありません。

値引き交渉しても、ディーラーのセールスコンサルタントより「値引きは難しいです」と言われるケースが多いのが現状です。

レクサスCPOは、新車と同様な扱いとなっている車両のみが販売され、その価格設定も透明で公正です。

よって、ディーラー間での価格競争が少なく、ネット上でも値引き情報を見かけることはほとんどありません。

但し、全くないということはなく、値引き交渉の余地はあります。

オプション値引きがある場合も

ディーラーによっては特定のキャンペーンの際に、オプション値引きが提供される場合もあります。

しかし、オプション値引きについても非常に稀で、過度の期待しない方が良いでしょう。

CPO車両自体の値引きが少ないため、オプションに関しても同様に値引きがほとんどないのが現状です。

基本的にオプション値引きをしてくれる店舗を見つけること自体難しいので、値引きがあったとしても近所の店舗ではない場合もあるのです。

ですが、値引き交渉しないよりもした方が良いので、値引きにいくら期待できなくても積極的にアプローチするといいでしょう。

但し、値引きは難しいが、代わりにノベルティをたくさんもらえる場合もあります。

 

 

また、オプション値引きではなく車両価格を値引きしてもらった、という話もネット上で確認できましたが、圧倒的に数は少ないので値引きは無いと思っておいた方がいいでしょう。

CPOが値引き出来ない理由とは

値引きできない理由には、いくつかの重要な要素があります。

まず、CPO車両は一般的な中古車と異なり、厳しい品質基準をクリアした車両のみが販売されています。

これにより、高品質で信頼性の高い車両を提供しています。

さらに、CPO車両にはレクサスオーナーズカードが発行され、専用ラウンジの利用や特典が受けられるため、購入者にとって大きなメリットがあります。

加えて、購入後もディーラーでのメンテナンスが受けられることも重要なポイントです。

具体的には、12品目の部品交換や90項目の点検、2年間のLCMP(レクサスケアメンテナンスプログラム)、2年間のGリンクサービス、そして2年間のメーカー保証が付帯しています。

これらの充実したサービスと保証が、CPO車両の付加価値を高め、値引きが難しい理由となっています。

品質とサービスの高さを考慮すると、CPO車両の価格設定は非常に合理的であり、購入者にとって大きな安心を提供しています。

野良レクサスなら値引き可能

レクサスCPOは、基本的に値引きが期待できませんが、CPO以外で販売されているレクサスの中古車、いわゆる「野良レクサス」ならば、値引き交渉の余地があります。

これらの車両は、一般的な中古車として販売されている為、価格設定に柔軟性があることが多いです。

中古車販売店や個人売買サイトで見つけることができ、ディーラーよりも低価格で提供されるケースが多いです。

値引きを狙う場合は、車両の状態や市場価値をしっかりとリサーチし、適正な価格交渉を行うことが重要です。

特に、複数の販売店を比較検討することで、より良い条件を引き出すことが可能です。

ただし、CPO車両に比べて保証やメンテナンスの面で劣る場合があるため、購入後のケアも考慮した上で決定することが大切です。

 

 

レクサスCPOで値引きなし!安く買う方法について

もし値引きが一切なかった場合、どのようにして安く車を購入するのが良いのでしょうか?

以下のような対処法があるので、参考にしてみてください。

現在乗っている車を高く売る

現在乗っている車を高く売ることで、総費用を抑える方法があります。

まず、一般的な車買取業者に競わせることで、最も高い買取価格を引き出すことができます。

インターネットを利用して一括査定サービスを利用すると、複数の業者からの査定額を比較できるため、効率的に最高値を見つけることができます。

また、ディーラーの下取り価格を上げてもらう交渉も有効です。

他の買取業者の査定額を提示することで、ディーラーに対して価格の見直しを促すことができます。

さらに、車両の状態を良好に保つことや、査定前に洗車や簡単な修理を行うことで、査定額を引き上げることができます。

これらの方法を駆使して現在の車を高く売ることで、レクサスCPOの購入費用を実質的に下げることが可能です。

相場価格が下落した時を狙う

レクサスCPOでの値引きが難しい場合、相場価格が下落するタイミングを狙うと良いでしょう。

例えば、モデルチェンジ時や決算期の3月、4月、5月は、旧モデルの在庫を減らすために価格が下がることが多いです。

モデルチェンジ直前の車両は、最新モデルの発売に伴って値下がりするため、狙い目となります。

また、決算期にはディーラーが在庫を一掃し、売上を伸ばすために値引きを行うことがあるため、この時期に購入を検討するのも賢明です。

これらの時期を見計らって、価格交渉を行うことで、よりお得に高品質なレクサスCPOを手に入れることができます。

相場を把握し、適切なタイミングで行動することが、満足のいく購入につながるでしょう。

走行距離が多い車を狙う

レクサスCPOは、初年度登録から8年未満、走行距離10万km以内の車両が対象ですが、同じ条件の中でも走行距離が多い車の方が価格が下がる傾向にあります。

走行距離が多いと言っても、レクサスの高い品質とメンテナンスの行き届いた車両であれば、10万kmを超えても問題なく走行することが多いです。

むしろ、適切なメンテナンスを受けている車両であれば、信頼性は非常に高いです。

価格が下がる理由としては、一般的に走行距離が少ない方が好まれるためですが、予算を重視する場合には、このような車両を選ぶことでお得に購入できるでしょう。

走行距離が多い車でも、しっかりとした保証とメンテナンスが付いているため、安心して購入することができます。

カードの還元を受ける

レクサスCPOで車を購入する場合、扱いとしては新車購入した方と同じ扱いとなるので、レクサスのプラチナカードを作ることが出来ます。

このプラチナカードを作成し、カード決済で車両を購入すると、1%のポイント還元を受けることができます。

例えば、500万円の車両を購入すると、5万円分のポイントが還元されます。

貯めたポイントは、レクサスディーラーでのメンテナンス費用やその他のサービスに利用できるため、実質的に値引きを受けたのと同じ効果があります。

プラチナカードは年会費がかかりますが、購入金額が高額な場合は還元ポイントで年会費をカバーできることが多いです。

但し人によってカードの限度額が異なりますので、限度額が低い場合はそこまで大きなメリットを感じられない場合もあります。

不人気車種や色を選ぶ

値引きが難しい場合、不人気車種や色を選ぶことでコストを抑える方法があります。

市場で人気の高い車種や色は需要が高いため、価格も高くなる傾向があります。

一方、不人気車種や特定の色は在庫が残りやすく、ディーラー側も早く売りたいと考えるため、交渉の余地が生まれやすいです。

例えば、一般的には黒や白の車が人気ですが、それ以外の色は比較的在庫が残りやすいです。

また、SUVやセダンの中でも、特定のモデルやグレードが狙い目になることがあります。

多少の妥協をすることで、希望する車両をよりお得な価格で手に入れることが可能です。

もちろん、車両の品質や機能はしっかりと確認し、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

粘り強く探す

CPOで車を買うと決めているのであれば、すぐに決めるのではなく、時間をかけてコスパの良い車両を探しましょう。

例えば毎日CPOのサイトをチェックし、新たな車両が追加された場合は価格をチェックしましょう。

そして他の地域のCPO車両も参考にすることで、より良い条件の車両を見つけるチャンスが広がります。

各地域のディーラーでは在庫状況や価格が異なるため、全国のCPOをチェックすることが有効です。

また、直接ディーラーに問い合わせて、在庫状況や価格交渉の余地について確認することもおすすめです。

遠方のディーラーから取り寄せる場合には輸送費がかかることがありますが、それを考慮しても全体的にお得な取引となる場合もあります。

 

 

さらに、ディーラーによっては、特定のキャンペーンやフェアを開催していることもあるため、こうした機会を逃さないように情報を収集することが大切です。

粘り強く探すことで、満足のいくレクサスCPOをお得に手に入れることができるでしょう。

サブスクを利用する

レクサスCPOの購入に悩んでいる場合、サブスクリプションサービスである「KINTO」を利用するのも一つの方法です。

KINTOは、月額料金を支払うことで、レクサスを含むトヨタ車を一定期間利用できるサービスです。

このサービスを利用することで、初期費用を抑えつつ、高品質なレクサス車を手軽に利用することができます。

保険やメンテナンス費用も月額料金に含まれているため、予算の管理がしやすく、車の維持に関する煩わしさを軽減できます。

また、契約期間が終了すれば、他の車種に乗り換えることも可能で、さまざまなモデルを試すことができる柔軟性があります。

KINTOを利用することで、車両購入時の大きな出費を避けつつ、最新のレクサス車に乗ることができるため、特に初めてレクサスを利用する方にとっては魅力的な選択肢です。

 

 

レクサスCPOは値引きが一切ない?まとめ

レクサスCPO(認定中古車)は、品質と信頼性の高さから基本的に値引きが期待できません。

しかし、相場価格が下落するモデルチェンジ時や決算期を狙うと、お得に購入できる可能性があります。

また、走行距離が多い車両は価格が下がる傾向があるため、狙い目です。

さらに、レクサスのプラチナカードを利用して1%のポイント還元を受ける方法も有効です。

現在の車を高く売るためには、複数の買取業者に査定を依頼し、最も高い価格を引き出すことが重要です。

レクサスCPOは、保証が充実しており、一流の接客サービスが受けられるため、高い評判を得ています。

これらの対処法を活用して、よりお得にレクサスCPOを購入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました