レクサスのでかいやつの車種とは?各車両の特徴について解説!

レクサス

レクサスの車は「でかいやつ」も意外と良く走行しています。

これらの大きな車に関しても、レクサスならではの特徴を感じさせる車となっています。

また、大きな車が好きな方は、車種など気になっているのではないでしょうか。

そこで今回は、レクサスのでかいやつの車種や特徴などまでご紹介します。

レクサスのでかいやつの正体は?

レクサスLM

価格 1500万~2000万
全高 1955mm
全長 5125mm
全幅 1890mm
乗車人数 6人乗り

レクサスLMは、豪華なインテリアが特徴の高級ミニバンで、アルファードやヴェルファイアと形が似ています。

レクサスLM:インテリア

広々とした車内空間が最大の魅力で、乗員全員が快適に過ごせるよう設計されています。

シートには高品質なレザーが使用され、マッサージ機能やヒーターが装備されているため、長時間のドライブでも快適。

さらに、後部座席にはオットマンが備え付けられており、足を伸ばしてリラックスすることができます。

車内には高級木材やアルミニウムなどの高品質素材がふんだんに使われており、細部までこだわり抜かれたデザインが施されているのも特徴。

そして、エンターテインメントシステムも充実しており、大型のディスプレイやプレミアムオーディオシステムが標準装備されているため、車内で映画や音楽を楽しむことができます。

レクサスLMのインテリアは、まさに移動するラグジュアリーホテルのような快適さと豪華さを兼ね備えているのです。

また、遮音ガラスのパーティションを活用すれば、ドライバーにも話し声が聞きづらい程度となり、プライバシーにも配慮された作りとなっています。

レクサスLM:エクステリア

エクステリアは、威厳と洗練を兼ね備えたデザインが特徴です。

まず、フロントグリルはレクサスの象徴であるスピンドルグリルを採用し、力強い存在感を放っています。

大きなボディサイズにもかかわらず、流れるようなラインとダイナミックなプロポーションが融合し、エレガントでありながらも力強さを感じさせます。

ヘッドライトには最新のLED技術が使用され、鋭く輝くライトが夜間の視認性を向上させるとともに、先進的な印象を与えます。

サイドビューでは、長いホイールベースと低重心設計が視覚的に安定感を提供し、リアにはスポーティなデザインのテールランプを配置。

これらの要素が組み合わさることで、レクサスLMは高級ミニバンとしての風格を持ちながらも、スタイリッシュでモダンなエクステリアを実現しています。

大きな車でありながらも細部にまでこだわったデザインが、他の車にはない特別な存在感を放っています。

レクサスLM:走行性能

豪華な外観とインテリアに加えて、優れた走行性能も備えています。

まず、パワートレインには強力なハイブリッドシステムが採用されており、高い燃費性能と力強い加速を両立しています。

エンジンとモーターの組み合わせにより、静粛性も非常に高く、スムーズで快適なドライブが楽しめるということです。

さらに、レクサス独自のサスペンションシステムが搭載されており、路面の凹凸をしっかりと吸収し、乗り心地を最大限に高めています。

コーナリング時の安定性も優れており、大型車両でありながらも鋭いハンドリングを実現しています。

また、四輪駆動システムも選択可能で、さまざまな路面状況に対応できる高いトラクション性能を提供します。

これらの要素が組み合わさり、レクサスLMは長距離の高速走行から市街地のドライブまで、どんなシーンでも安心して走行できる性能を持っています。

レクサスLM:安全性能

レクサスLMは、最先端の安全性能を備えた高級ミニバンです。

レクサスセーフティシステム+が標準装備されており、衝突回避支援や車線維持支援、アダプティブクルーズコントロールなど、多彩な安全機能を搭載。

これにより、ドライバーは安心して運転に集中でき、事故のリスクを大幅に減らすことができます。

さらに、全方位カメラシステムやパーキングアシストも搭載されており、駐車時の安全性と利便性を向上させています。

また、レクサスLMのボディ構造は、高強度スチールとアルミニウムの組み合わせで作られており、衝突時の衝撃を効果的に吸収する設計になっています。

エアバッグシステムも充実しており、前席・後席ともに乗員をしっかりと保護します。

そして、夜間の視認性を高めるために、アダプティブハイビームシステムも採用されており、暗い道でも安心して走行できます。

これらの高度な安全機能が、レクサスLMの乗員全員の安全をしっかりと守ります。

レクサスLM:燃費

レクサスLMは、その大きな車体にもかかわらず、燃費性能が非常に優れています。

燃費は約13.5km/Lと、同クラスの大型ミニバンの中ではトップクラスの性能を誇ります。

これは、レクサス独自のハイブリッドシステムの恩恵によるもので、高効率なエンジンと電気モーターの組み合わせが実現しています。

このハイブリッドシステムは、都市部でのストップアンドゴーの多い走行や、長距離の高速走行でも効率よく燃料を消費します。

また、エネルギー回生システムにより、ブレーキング時にエネルギーを回収し、バッテリーに充電することで、さらなる燃費向上を図っています。

これにより、レクサスLMは、環境に優しく、経済的にも優れた選択肢となります。

大きな車体でありながら、燃費性能を重視した設計がなされているため、長距離ドライブでも燃料コストを抑えられる点が魅力です。

アルファードとの違い

トヨタのアルファードは、同じプラットフォームを共有していますが、いくつかの点で大きく異なります。

まず、レクサスLMは、より高級感を追求したデザインと仕上げが特徴です。

インテリアには、高品質なレザーやウッドパネルが使用され、全体的な質感が非常に高くなっています。

一方、アルファードも高級ミニバンとして定評がありますが、レクサスLMはさらに上質な素材と仕立てにより、一段上のラグジュアリー感を提供します。

また、レクサスLMは、レクサスの象徴であるスピンドルグリルを採用し、エクステリアデザインでも差別化を図っています。

装備面でも、レクサスLMは最新の安全技術や高度なドライバー支援システムを標準装備しており、乗員の安全と快適性を最大限に考慮しています。

価格帯も異なり、レクサスLMはアルファードよりも高価ですが、その分、よりプレミアムな体験が得られる車種です。

レクサスLX

価格 1250万~1800万
全高 1885mm
全長 5100mm
全幅 1990mm
乗車人数 4人乗り~7人乗り

レクサスLXは、豪華で快適なインテリアが特徴のフルサイズSUVで、ランドクルーザーに似た車種となっています。

また、2024/06/18日現在、受注の受付停止中となっています。

レクサスLX:インテリア

レクサスLXは、豪華で快適なインテリアが特徴のフルサイズSUVです。

まず、シートには高品質なレザーが使用され、フロントシートとセカンドシートにはヒーターやベンチレーション機能が搭載されており、どの季節でも快適に過ごせます。

さらに、運転席にはメモリー機能があり、複数のシートポジションを記憶することができます。

インテリア全体には木目調パネルやアルミニウムアクセントが施され、高級感と現代的なデザインが融合しています。

ダッシュボードには、大型のタッチスクリーンディスプレイが設置され、最新のナビゲーションシステムやマルチメディア機能に簡単にアクセスできます。

後部座席も広々としており、長時間のドライブでもリラックスして過ごせるよう設計されています。

さらに、ラゲッジスペースも十分に確保されており、家族旅行やアウトドアアクティビティに必要な荷物を楽々収納できます。

レクサスLXのインテリアは、豪華さと機能性を兼ね備えた設計となっています。

レクサスLX:エクステリア

エクステリアは、力強さとエレガンスが融合したデザインが特徴です。

フロントフェイスには、レクサスの象徴である大型スピンドルグリルが採用され、迫力ある存在感が魅力。

ヘッドライトには最新のLED技術が使用され、夜間の視認性が向上するとともに、シャープでモダンなデザインを採用。

そしてボディ全体は、頑丈でありながらも洗練されたラインが施されており、フルサイズSUVならではの堂々とした姿を引き立てています。

また、サイドビューでは、大型のホイールアーチと力強いキャラクターラインが、レクサスLXのオフロード性能と高級感を強調しています。

その他、リアビューは、特徴的なテールランプとクロームアクセントが配置され、スタイリッシュな印象を与えます。

ルーフレールやリアスポイラーなど、機能性とデザイン性を兼ね備えたディテールが施されており、全体的にバランスの取れた美しいエクステリアデザインが完成されています。

レクサスLXは、そのエクステリアデザインで他のSUVと一線を画す存在感を放っています。

レクサスLX:走行性能

レクサスLXは、その大きなボディサイズにもかかわらず、卓越した走行性能を誇ります。

まず、パワートレインには強力な5.7リッターV8エンジンが搭載されており、383馬力の出力と545Nmのトルクを発揮します。

このエンジンにより、スムーズで力強い加速が可能で、高速道路でも市街地でも快適なドライブが楽しめます。

さらに、レクサスLXはフルタイム4WDシステムを採用しており、悪路や雪道でも優れたトラクションを提供します。

オフロード性能も高く、ダブルウィッシュボーンサスペンションと電子制御エアサスペンションが装備されており、凹凸の多い道でも乗り心地を損なわない設計です。

また、アクティブハイトコントロール(AHC)システムにより、車高を調整して最適な走行状態を維持できます。

これらの特徴が組み合わさり、レクサスLXはオンロードでもオフロードでも卓越した走行性能を発揮するフルサイズSUVとして、高い評価を得ています。

レクサスLX:安全性能

レクサスLMでも搭載している最先端の安全技術であるLexus Safety System +を標準装備しており、乗員の安全を最大限に守ります。

Lexus Safety System +は、さまざまな先進的な安全機能を備えた総合安全パッケージです。

まず、プリクラッシュセーフティシステム(PCS)は、前方の車両や歩行者を検知し、衝突のリスクを減少させるためにブレーキを自動で作動させます。

また、レーンデパーチャーアラート(LDA)とレーンキーピングアシスト(LKA)は、車線逸脱を検知し、ステアリング操作を補助して車両を正しい車線に戻します。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)は、先行車との距離を保ちながら自動で速度を調整し、長距離ドライブでも安全かつ快適な走行をサポートします。

さらに、オートマチックハイビーム(AHB)は、対向車や先行車を検知して自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視認性を向上させます。

これらの機能が組み合わさり、レクサスLXはドライバーと乗員全員の安全を確保するための高度な技術を提供しています。

レクサスLX:燃費

燃費性能は他のコンパクトSUVと比較して劣る部分があります。

実際の燃費は約5~8km/L程度で、これは主に5.7リッターV8エンジンのパワーとフルタイム4WDシステムによるものです。

市街地での燃費は特に低くなる傾向がありますが、高速道路ではエンジンの効率が上がり、比較的良好な燃費を達成しますが、それでもリッター8程度。

燃費性能が重要な購入要素となる場合、レクサスLXは少々不利ですが、この燃費のトレードオフとして得られるのが、卓越したパフォーマンスと極めて高いオフロード能力です。

さらに、大容量の燃料タンクを備えているため、長距離ドライブでも頻繁な給油の必要がなく、快適な移動をサポートします。

燃費を犠牲にしても余りある性能と快適性を提供するのがレクサスLXの特徴です。

ランドクルーザーとの違い

レクサスLXとトヨタのランドクルーザーは、同じプラットフォームを共有する兄弟車ですが、いくつかの重要な違いがあります。

まず、レクサスLXは、より高級志向のデザインと装備が施されています。

インテリアには高品質なレザーやウッドパネルが使用され、豪華な雰囲気が漂います。

一方、ランドクルーザーも高品質ですが、レクサスLXほどの高級感はありません。

エクステリアにおいても、レクサスの象徴であるスピンドルグリルやシャープなデザイン要素が加わり、視覚的な存在感が強化されています。

装備面では、レクサスLXは最新のテクノロジーや安全機能が標準装備されており、特にレクサスセーフティシステム+が提供する包括的な安全性が大きな魅力です。

ランドクルーザーも安全性に優れていますが、LXの方がさらに先進的な機能を多く持っています。

価格帯においても、レクサスLXはランドクルーザーよりも高価ですが、その分、豪華な装備と洗練されたデザイン、そしてレクサスブランドならではのサービスを受けることができます。

レクサスで大きい車のメリットやデメリット

メリット:開放感がある

レクサスの大きい車を選ぶ大きなメリットの一つは、広々とした開放感です。

レクサスLXやLMなどの大型モデルは、室内空間が非常に広く設計されており、乗員全員がゆったりと座ることができます。

特に、長距離ドライブや家族での旅行では、この広さが大きな利点となります。

広いレッグルームやヘッドルームは、乗員に快適な移動空間を提供し、ストレスの少ないドライブを実現します。

また、広いラゲッジスペースも確保されており、荷物をたくさん積むことができるため、アウトドアアクティビティや旅行などでも大変便利です。

さらに、レクサスの大きい車は、高級素材と洗練されたデザインにより、室内の雰囲気が一層魅力的になります。

このように、レクサスの大型車は、乗る人すべてに贅沢な空間を提供し、開放感あふれる快適なドライブを約束します。

メリット:見晴らしが良い

レクサスの大きい車を選ぶもう一つの大きなメリットは、見晴らしの良さです。

車高が高いSUVやミニバンは、ドライバーに対して道路全体を見渡す優れた視界を提供します。

これにより、運転中の安心感が増し、特に交通量の多い市街地や高速道路での運転が楽になります。

高い視点から周囲の状況を把握しやすく、前方や後方の車両、歩行者、障害物などを早めに察知することが可能です。

また、レクサスの大きい車は大きなウィンドウを備えており、乗員全員が外の景色を楽しむことができます。

これにより、長距離ドライブや旅行中の車内時間も楽しいものになります。

さらに、パノラマサンルーフなどのオプション装備を選ぶと、さらに開放感が増し、車内から空を見上げることもできます。

見晴らしの良さは、安全運転のサポートだけでなく、乗員の快適性と楽しさを向上させる要素としても重要です。

メリット:優越感を味わえる

最大のメリットの一つは、優越感を味わえることです。

レクサスは高級車ブランドとしての地位を確立しており、その車に乗ること自体がステータスシンボルとなります。

特に、大型SUVやミニバンは、その存在感と豪華なデザインが周囲の注目を集め、乗っているだけで特別な気分に浸ることができます。

高級感あふれるインテリアや最先端のテクノロジー、快適な乗り心地など、すべてが一流のクオリティで提供されるため、オーナーとしての満足感も非常に高いです。

ビジネスシーンやプライベートの場面で、レクサスの大きな車に乗っていることは、自身の成功やステータスを示す一つの手段となり、周囲からの信頼感や尊敬を得ることもできます。

これらの点から、レクサスの大きな車は、所有することで優越感を得られる素晴らしい選択肢と言えるでしょう。

また、新車を購入するとノベルティなどもレクサス販売店から貰える場合も多いので、この点についても魅力となっています。

 

 

デメリット:値段が高い

高級車としてのステータスを持つレクサスの大型モデルは、購入価格が非常に高い傾向にあります。

例えば、レクサスLXやLMなどのモデルは、基本価格だけで1000万以上から始まり、オプション装備を追加するとさらに価格が上昇します。

これに加えて、高級車特有のメンテナンス費用や保険料も高くなるため、総合的な維持費も考慮しなければなりません。

また、高価な車を所有することで、盗難や損傷に対するリスクも増え、セキュリティ対策に費用をかける必要があるかもしれません。

しかし、高い価格には相応の価値があり、豪華な装備や優れた性能、レクサスブランドの信頼性など、多くのメリットが含まれています。

そのため、予算に余裕があり、ラグジュアリーなドライビング体験を求める方には、レクサスの大きな車は非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

また、購入を検討しているのなら、CPO(認定中古車)を利用する手段もあります。

 

 

デメリット:運転しずらい

レクサスの大きな車には多くのメリットがある反面、運転がしづらいというデメリットも存在します。

大型のSUVやミニバンは、その大きさゆえに取り回しが難しく、特に狭い路地や駐車場での運転が苦労することが多いです。

車幅が広いため、車線変更や交差点での右左折も慎重に行う必要があります。

また、駐車する際にはスペースに余裕がないと駐車しづらく、都市部の狭い駐車場では特に困難を感じるでしょう。

さらに、車高が高いため、立体駐車場の高さ制限に引っかかることもあります。

バックやパーキング時の視界も制限されることがあり、運転のストレスが増えることがあります。

しかし、レクサスはこれらのデメリットを補うために、アラウンドビューモニターや自動駐車アシストなどの先進的な運転支援機能を搭載しています。

これらの機能を活用することで、大きな車でも比較的安心して運転することが可能です。

デメリット:窃盗が多い

レクサスの大きな車は、その高級感とステータスから、窃盗のターゲットになりやすいというデメリットがあります。

特にレクサスLXやLMなどの高価格帯のモデルは、犯罪者にとって魅力的な標的となりがちです。

車両盗難はもちろん、パーツやアクセサリーの盗難も頻繁に発生するリスクがあります。

一応、セキュリティシステムがありますが、実際には窃盗件数も増えており、車両の管理は厳重にしないといけません。

例えば、駐車する際には、人目の多い場所や防犯カメラが設置されている場所を選ぶ、ガレージに保管するなどの対策が推奨されます。

保険も盗難に対応したものを選び、万一の際に備えることが大切です。

これらの対策を講じることで、窃盗リスクを最小限に抑え、安心してレクサスの大きな車を楽しむことができます。

 

 

レクサスのでかいやつの車種とは?まとめ

レクサスのでかいやつに該当する車種として、レクサスLMとLXがあります。

特徴としては、両車種とも広々とした室内空間と見晴らしの良さが大きな魅力です。

レクサスLXやLMは、高品質な素材を使用した豪華なインテリアを備え、快適な乗り心地と開放感を提供します。

また、車高が高いため、優れた視界を確保でき、ドライブが一層楽しくなります。

これにより、運転の安心感とともに、周囲からの注目を集める優越感も味わえます。

しかし、デメリットも存在します。レクサスの大型車は高額であり、購入価格だけでなく維持費や保険料も高くなります。

さらに、その大きさゆえに運転が難しく、狭い道や駐車場での取り回しに苦労することがあります。

また、高級車であるため窃盗のリスクも高く、セキュリティ対策が必要です。

これらの特徴を踏まえると、レクサスの大きな車は、予算に余裕があり、ラグジュアリーな体験を求める方にとって非常に魅力的な選択肢です。

その一方で、維持費やセキュリティに対する準備も重要であり、慎重な検討が必要です。

タイトルとURLをコピーしました